珍書『談志 天才たる由縁』のここがひどいよ・その3(落語立川流篇)


 菅沼定憲『談志 天才たる由縁』についての番外レビューである。
(その1)(その2)はこちらから。
談志天才たる由縁

4)落語立川流に関するもの

 これは誤りではないが、あんまりだなあと思った個所である。談志と志ん朝を対比した文章だ。

「志ん朝はこころ優しい噺家でした。でも、彼の弟子から傑出した若手は登場しません。弟子に厳しい立川談志からは、志の輔、談四楼、志らく、談春という優れた輩出されています」(p55)

 志ん朝一門の立場は、とか、いや志ん朝のほうが朝8時集合を義務付けるなど弟子には厳しかったと聞いているけど、とかいろいろあるのだが、それはまあいい(古今亭のファンには許せないだろうが)。
 あんまりだというのは「志の輔、談四楼、志らく、談春」という並びである。これじゃまるで志の輔が談志の一番弟子のようではないか。一門の香盤なんて一般人にはどうでもいいことかもしれないが、少なくとも談志の親友をもって任ずる人としては問題のある表記だ。ここの順番は、正しく書くとこうなる。

「談四楼、志の輔、談春、志らく」

 もちろん談四楼の上にも弟子はいるし、談四楼と志の輔の間にもいる。
 単に不注意なだけか、と思いきや、著者は同じような記述をもう一度後でやっている。

「古い落語界から脱出した談志のもとには、有能な弟子が集まりました。
 まずは立川志の輔です。自分と共演するホール落語で競い合います。
 次は立川談四楼です」(p100)

 どう考えても順番を取り違えているとしか思えない。念のために書いておくが、

 立川談四楼 1970年入門。1975年二つ目昇進。1983年真打昇進。
 立川志の輔 1983年入門。1984年二つ目昇進。1990年真打昇進。

 である。どう考えても取り違える要素はないのだ。これはわざと書いているか、著者が談志以外の立川流の落語家にたいして関心がないかのどちらかだとしか思えない。
 ここで大事なのは談四楼の真打昇進の年である。1983年は談志の落語協会脱退、立川流設立の年だからだ。つまり談四楼は、立川流創設後の真打第一号なのである(旧名小談志も同時)。
 談四楼についてはおかしな記述が続いている。

「彼(談四楼)は師匠のわがままと弟子の苦労をユーモア小説に書きました」(p101)

 これは間違い。談四楼のデビュー作「シャレのち曇り」のことを指していると思われるが、同作は談志の行状ではなく、前述の真打試験騒動の顛末を書いたものだからだ。
 菅沼定憲、さては読まずに書いてるだろ。
 談四楼以外の弟子についてもおかしなことが書かれている。

「師匠の練馬の自宅の庭には大きな池があり、美しい金魚が泳いでいます。でも、師匠が餌を与えないものですから金魚は痩せ細ります。談春はこれを「赤めだか」と称して、それをタイトルにした本を書きました」(p106)

 これについては、立川談春『赤めだか』(新潮社)を引用したほうが早い。

「庭の水がめに飼っている金魚は、金魚とは名ばかりで、いくらエサをやってもちっとも育たなかった。僕達は、あれは金魚じゃない、赤めだかだ、と云って馬鹿にしていたが、大きくならないところも談志好みらしく可愛がっていた」(p51)

 菅沼定憲、『赤めだか』もさては読んでないだろ。
 最後に気になったのは、立川流を除名された快楽亭ブラックについてのくだりだ。

「かつて、アメリカで落語を夢見た談志はブラックに期待しました。でも、残念ながら彼の落語はお粗末でした。おまけに、金にだらしない男で、師匠の口座から勝手に金を引き出したため破門になり、関西へ流れて桂三枝(現・文枝)のところへ身を寄せました。そして、高座に上がるようになって、談志の悪口を喋りまくり、短期間ではありますが人気を得ました。でも、所詮はゲテモノで終わりました」(p106)

 快楽亭は怒っていいと思う。外道真打と言われた時代もあるくらいだから「ゲテモノ」には怒らないだろうが「短期間ではありますが」とか「落語はお粗末」はないだろう。落語がお粗末な人間が、立川流を除名されてフリーになって食っていけるはずがない。好き嫌いはあるが、快楽亭ブラックは古典から新作までこなす腕のいい落語家である。もっとも菅沼氏のようなご高齢の方には趣味に合わないかもしれないが。

 以上である。目についたところを抜粋しただけなので、細かく見ていけばまだまだ間違いはあるかと思う。でも、疲れたのでこれでおしまい。
 くり返しておくが、『談志天才たる由縁』は、決して駄目な本ではない。珍しい談志の下半身事情などにも踏み込んでかいており、ファンなら一度目を通してもいいとは思う。
 ただし、これを元に談志を語る人が出てくるのはやはり嫌だ。著者の言う「談志は人情噺を志向していた」というような珍説はともかく、上に書いたように内容に事実誤認が多すぎるからである。これは著者である菅沼定憲の責任であると同時に、きちんと校正作業を行わなかった版元彩流社の罪だと私は考える。もう少しきちんとしようよ。
 オチはない。これで終わる。終われ。解散!

以下のとおり杉江松恋プロデュース落語会を予定しております。
2/20(金)19:00~ 立川談慶独演会「談慶の意見だ #4」ゲスト:玄秀盛(公益社団法人 日本駆け込み寺代表) トリネタ:「子別れ」

2/21(土)21:00~ 「落語立川流二つ目1年生、立川笑二ネタおろしの会」

2/22(日)1:00~ 立川談四楼独演会「オールナイトで談四楼7 終電から始発まで噺っぱなし」

2/24(火)19:30~ 「ヲタク落語の星・春風亭吉好参上!ゲスト:會川昇(脚本家)」

4 thoughts on “珍書『談志 天才たる由縁』のここがひどいよ・その3(落語立川流篇)

  1. 藤岡真

     twitterで知って、さっそく、その1,その2と拝読させて頂きました。本当に酷い。「芝浜」の本質が理解できない人間がなんで(談志という前に)落語を語ろうなんて思ったんでしょうか。よくもまあ、出版できたものです。

  2. 大池晃範

    博士メルマガの杉江氏書評が好きでいつも読んでいます。このブログはTwitterから知りました。誰か指摘するだろうとは思っていましたがこの本の珍書ぶりがやっと公けになり良かったと思います。この本は談志の肉声が聞えて来るかの様な面白い箇所もあるのに、素人目にも知識不足や記憶違いによるデタラメが本当に多くて大変残念。落語関連、テレビ関係の記述は本当に酷かった。私は17ページの談志のサミーディビスジュニア評が好きで、ネットからサミーの”Mr Bojangles”を知りました。この本に出ている曲名が出鱈目と知っていたら、サミーを調べもしなかったと思うので音楽関係まで間違いだらけと気づけなくて良かった。尚、本書52ページに『宇都宮で談志と志ん朝の二人会』の記述がありますが、本当に有ったことでしょうか?志ん朝が文七、談志が源平をやり、しかもイベントが赤字だったので温泉で更に‥‥。若手時代の寄席の共演ではなく、有名になってからの二人会は本書以外、見たことも聞いたこともありませんが。

    1. sugiemckoy Post author

      大池様、拙稿をお読みいただき、ありがとうございます。宇都宮の二人会の件は、私も引っかかりました。真偽を判断できなかったので何も書いていないのですが、ちょっと確認してみたいと思っています。

Comments are closed.