立川談四楼下北沢独演会 第201回


うっかりして写真を撮り忘れてしまったのだが、8/15(土)は下北沢の北沢八幡宮で開かれる、立川談四楼独演会に行ってきた。前回が200回目ということで節目の会だったが、新しい期の始まりといった感じの会である。

顔付けは以下の通り。

開口一番 つる 仮面女子(こしら門下)
垂乳根 だん子
幇間腹 寸志
もう半分 談四楼

中入り

半夏生・玉藻ノ舞 綾乃テン
一回こっくり 談四楼

仮面女子はこしらの一番弟子で、ヤフオクに命名権を出され、地下アイドルの「仮面女子」に25万1千円で落札されたということで、一時期話題になっていた。初高座ではないが、師匠以外からは最初にもらった仕事とのこと。「女子」とは言うものの、サブカル臭のする風貌の男子である。

だん子の「垂乳根」を聴くのは3度目だと思うのだが、これまでのネタに比べてずっと巧くなったと感じた。最初に聴いたときは最後まで演じていたが、この日は途中でサゲて降りる。そのへんの対応も臨機応変になってきた。寸志「幇間腹」は賑やかでよい高座。前座のときはあまり前面に出してなかったが「昭和の爆笑王」のような持ち味になってきたと思う。軽い噺を本当に楽しく演じる。

談四楼2席は怪談の趣向で、そういえば昨年8月のオールナイトのときと同じ演目である。「もう半分」は居酒屋の主が最初人情深く描かれているのに観客の見えないところで豹変する。その省略が噺に奥行きを与えているように思った。「一回こっくり」は申し分ない情けのある噺で、途中で何度となく涙を拭わされた。オチ近く、楽屋で物が落ちるというハプニングがあったが、それもものともせずに観客をひきつけきった。夏には毎年この噺を聴きたいと思う。

色物で入った綾乃テンは人形使いで、玉藻前を実に妖艶に演じた。オシラサマを題材にしたネタも持っているそうで、妖怪会議の際などにはゲストをお願いするといいのではないだろうか。ぜひ、リンク先から写真を見てもらいたい。

終演後は楽しく懇親会。いろいろ密談しました。