Category Archives: 中庭

「ねむれ思い子 空のしとねに」

ねむれ思い子 空のしとねに [DVD]

友人の栗栖直也さんが、6年(!)の歳月をかけてほぼ一人で作り上げたオリジナルCGアニメーションが遂にリリース! 早速拝見致しました。(作品サイト

まず冒頭の景観の美しさにグッと惹き込まれてしまいました。

ワタシの口癖ですが、CGにとって一番しんどいのは自然や日常の何気ない風景の再現です。車窓から見える町に雲の切れ間から降り注ぐ陽光や、溢れかえる商品に充溢したコンビニの店内、こういったものを一つ一つ作り上げていく大変さを知ってるCG屋としては、何はさておきそういう背景描写の美しさに真っ先に惹かれてしまうんです。一般的な鑑賞者目線からはズレてるかもしれませんが、こうした丁寧な景観描写があればこそ物語の世界観にも感情移入していけようというもの。
(物語作品を観賞する際、CGかセルかなどは言うに及ばず、アニメか実写か小説かマンガか舞台か、なんてことも本質的に二の次でイイ話だと思っちゃいるんですが、CGアニメだけはどうしても「作る側」CG屋としての仕事目線で見に行ってしまうんですよね…)

やがてお話の舞台は地球の衛星軌道上に浮かぶ宇宙ステーションへ移っていきます。
しかしまぁ、このステーション内の作り込み描写がまたハンパない! 先ほど「CGは自然や日常の景観こそ大変」と書きましたが、じゃあその分宇宙ステーションで楽してるかというと全ッ然! 擬似窓にわざわざ春夏秋冬自然味溢れる地上の景観をプロジェクションしたり、無重力ブース一杯に蔓草がはびこってたり、床一面紫陽花の咲き誇る栽培室?があったり。本作は脚本も制作も栗栖さんご本人ですが、もし私が制作サイドでしたら、この脚本見せられたらまずライターの首を5分ほど締め上げた後2階の窓から両足持って室外に吊るすでしょうね~w

さてこうした背景に立つ(時には浮かぶ)キャラクター達はというと、『文使』以来の“栗栖ワールド”を担う独特のシェーディング技法によって描かれた個性的なスタイル。セル・シェーディングとは異なり適度な濃淡が乗っかった肌合いと、萌え系とは一線を画すリアル寄りなキャラクターデザインがマッチして世界観を構成しています。
主人公の織音ちゃんにしても、決して「絵に描いたような美人」じゃありません(^^; ごくごく一般的な市井の人、弱さダメさを抱えて人生踏み外しかけてるような、「僕らのこっち側」にいる女の子です。
(じゃあSF的な意匠の「あっち側」に居るのは、、、まぁそれは本編ご覧になって下さい。)

以前『文使』について栗栖さんとお話しした時、忘れられないやりとりがありました。
「悲劇的な悲恋モノにしなかったのは何故?(その方がグッと来るのに~、というワタシのドSな人非人根性が言外に含まれてたのは間違いありません(^^;)」とお尋ねしましたら、「そんな可哀そうなこと出来ませんよ」といったお答えが返ってきまして、他人の悲劇を窃視したがるこちらの下衆さに甚く恥じ入ったものです。
ただ正直に言うと私は今でも、作家が自らの登場人物に感情移入して彼らに情けをかけてしまうことには功罪両面があるだろうな、と思っていて、そしておそらく自分が何らかのフィクションを描く立場に立ったら、栗栖さんとは対極的な、ひどく残酷なことでもやっちまうだろうな~、という恐怖感があったりします。

そのことを裏返せば、「あの栗栖さんが作られてるからには、決して織音や母里美に対しても惨たらしい仕打ちはしないだろう」という安心感を持って観賞していたのですが、今回はなかなかにハードな描写も多かったですね。

しかしながらこうした前売りの先入観をもって作品鑑賞することが好ましいやり方なのかどうかは自分でも悩ましいところです。多少極端な言い方すると、私は作品を通して作家が世界をどの角度からどのように見てるか、ていうことにしか本質的に興味持ってないようなので、出来れば個々の作品には頭ん中真っ白にした状態で向き合いたいんですが、歳食えば食うほどだんだんそれが難しくなってくるのがジレンマですねぇ。

とはいえ私とはある意味正反対な視座から世界を切り取る栗栖さんの作品世界には、いつも何かしら感じ入るところがあります。
本作に関していえば、人の親でもある栗栖さんと、次世代を遺す可能性最早≒0な私の“差分”の在処について、色々と思い思わされたり致しましたとさ。。。

うーん…それにしても、6年かぁ!
それにこれだけのものを創るには安からぬお金だって掛かってるでしょう。モノづくりをする者、時間やら予算やらの言い訳は通用しないのだなぁ。よーしワシもまだまだ頑張ろう!という勇気半分、これほどの熱意と意志力がワシにあるだろうかと思うと慄き桃の木ビビリ半分(^^;;

あと、何もお手伝いしておりませんのにわざわざエンドロールに名前載せていただき恐縮至極、ありがとうございました!m(_ _)m

ねむれ思い子 空のしとねに DVD

右の回廊、左の回廊

 久々にブログを新規開設するにあたって、タイトルは何となく緩い感じで決めてしまったのだが、記事のカテゴリー分けをどうしようか、というところで少し悩んだ。

 今の自分の行動半径を考えても、きっと全然方向性の違う2つの傾向のコンテンツが混じり合うようなブログになってしまうだろうと思えたので。

 



 
 誰でも多かれ少なかれそうなのかもしれないが、僕には昔っから、この自己相反というのが習い癖だった。

 頭の中で浪花節的な感情家と醒めきった実証主義者が、互いに離反していこうとするのを、まぁまぁと懐柔しているイソップの蝙蝠みたいな自分をよく感じる。
 前者は後者を毛嫌いし、後者は前者を鼻で笑っている。その勢力図は数か月あるいは時には年単位で大きなうねりになって描き代わり、そのたびに蝙蝠は右往左往してどっちに進めばいいか判断付かないまま、割と突拍子の無い行動に出てその後の宿主の人生を歪めたりしてきた。

 僕の書くアルファベットの筆記体は、三ツ割にすると上と下の領域がデカく、それに比べて真ん中が小さい。つまりdやpなどを書くと、上下に突き出る棒線が長くて、中央に収まるoの部分は遠慮がちに縮こまっている。
 何でもこの3つの領域は、上から書き手のスーパーエゴ、エゴ、イドを象徴しているのだそうで、だとすると僕の自我は、肥大化した超自我とイドの間で汲々としている人らしい。まぁどこまで信憑性のある話なのかとは思うけれども。

 星座占いなんてのも、無宗教で不信心なものでこれまた女の子との会話に困った時の場繋ぎ程度にしか正直思ってないのだけれど、魚座というのは二匹の魚が離れないように互いの尾のところを紐で縛ってあるんだよ、などと聞くと、何となく腑に落ちたような顔にもなってしまう。
(ちなみに血液型はB型です、と言ってニヤニヤしてみる。つまりそういう性格である。)

 



 
 そういう自分がCG屋という生業に行き着いたというのは、自然の流れであったような気がしなくもない。昔はまぁ、好きで選んだ職業というつもりであったのだが、今にして考えるとそれもどうだったかあまり自信が持てなくなっている。

 そもそもは思春期のみぎり、漫画とか小説とか映画といった創作系の仕事がやりたくて、と同時にちょうど台頭してきたPCカルチャーに洗われたというのもあって、それらが混じり合う、まぁいわゆるオタク臭漂うあたりでそれとなく蠢いていた。そうして気付いたらちょうどその合流地点ともいうべきCG界隈で日々の糧を稼いだり(あるいは稼げなかったり)するようになっていた。
 理系文系これまたどっちつかずの蝙蝠特性がこの場合、職能的に若干の適性になったのかなぁ、とは思う。というより他に使い物になる職域が無かったという方が的を射ているか知らん。

 とはいえ志向的にはCG屋として僕はかなりダメな部類だろう。メカにもゲームにも特撮にもSFにも碌すっぽ興味が無い。
 それで何でCG屋やってんですかと嗤われたらスミマセンと頭を掻くしかない。何せ元は絵筆を持っていた手をマウスに持ち替えたくらいの気構えでしかなかったもので。おかげで二十年経っても未だ食うや食わずの末端一兵卒でございます。

 まぁそんなこんなで、本業の暇に飽かせて自分のブログをフルスクラッチのPHPで書いてみたり、仲間内からの依頼で彼らのサイト制作を手伝ったりしていた。そうしたら一時的にそっちの方が羽振りが良くなってしまって、やがて自分でも何屋だか分からなくなってきた。

 しかしそうなると、〝そもそも創作がやりたかった〟という未だ消えやらぬ青臭い厨二病的願望と、今現在の日々の活動領域との乖離はますます広がる一方で、さすがのイソップの蝙蝠もいつまでも気楽にヒラヒラとは飛んでいられない、翼が左右にげそうな懸念が出てきた。

 



 
 で、もう一回なんもかんも引っ括めて表に吐露する場所を用意してみようか、という気持ちになった。
 ちょうど折よくブログサイトの構築に協力してくれという相談もあったりして、じゃあそのサンプルみたいな感じで自分のブログを立ち上げてみようかな、と。

 とはいえ今時のブログは昔みたく、個々人が得手勝手に日々の記録や思いを綴る公開日記、みたいな体裁は流行らない。ブロガーそれぞれの専門分野・得意領域に対して、メディアとしてのテーマや情報価値を要求される傾向が強まっている。

 僕に世間の皆様に提供出来る有用情報なんてそれほどある訳もない。けどそれでもやるとなったら、結局CGネタにせよWebネタにせよ技術寄りの話しかないだろう。

 でもそれじゃぁ、千切れかけている蝙蝠の羽を繋ぎ止めることにはならないんだよな…。

 



 
 それで、じゃあもういっそのこと左右に裂けかけた今の状態を、このまんま晒してしまおうかと考えた。

 浪花節で厨二病の感情家と、理詰めで実証主義な技術屋と、一つのブログの中にアシュラ男爵よろしく右左それぞれの側の顔を並べてしまおう。

 考えてみると右脳対左脳の機能分離なんて話も〝科学と非科学のあいだ〟的ニュアンスを感じなくもないし、キメラっぽいこのブログには相応しいかもね。

 いやしかし待てよ。このキナ臭い御時世、「右の顔」「左の顔」なんてやると、ウヨだのサヨだの鷹派だの運動家だのって話と誤解される心配はないだろうか…。

 じゃあ建物を擬して、左右の振り分け間取りみたいなニュアンスが伝わるようにしたらどうだろう。
 
 よし、決めた。
「右の回廊」「左の回廊」
 これで行こう。


投稿日の表示がないブログ記事ってどうでしょう?

技術系の情報をググっていると、ネット上にはありがたい情報を掲載してくれているサイトやブログが実にたくさんあって、毎度頭が下がる思いなんですが、、、

時折残念に感じるのは、それらの記事の中に投稿日時の表記が無い(あるいは確認しにくい)ものが少なからずあるということです。

例えばTwitterとの連携を図るWordPressのプラグインを探していた時。
そのプラグインについて記載された記事のアップロードがTwitter APIの最終更新の前か後か、というのは真っ先に確認しておきたい事項だった訳ですが、意外とそれが見辛いデザインのサイトが多かったんですよね。
あぁせっかくの記事なのに勿体ないなぁ、と。