Live Wire OnLine SHOP
◆ タイトルをクリックして頂くと、対象商品の詳細解説&購入ご案内ページにジャンプします。
山本弘のSF&トンデモNIGHT
Page :
[#67] 2011年11月22日(火)

山本弘SF&トンデモNIGHT#4 「トンデモ本の20年」

山本弘
 「と学会会長」山本弘が、ついに満を持して「トンデモ本」の世界を語ります!

 これまで、世界の情けな怪獣、がっくり超能力番組など、ウルトラ脱力級の秘蔵映像に怒涛のツッコミを浴びせ、紅鶴を何度も酸欠状態に陥れてきた山本弘トンデモNIGHT。四回目にして、ついにその真打とも言うべきネタが登場。
 今回のネタは、2011年で20周年を迎えた「日本トンデモ本大賞」受賞作&ノミネート作の紹介ーーいわば「と学会」20年間のフィールドワークの成果。もうそれだけで爆笑必至ーーテッパン中のテッパンネタの宝庫なのです。

 植物さんとお話する本、ニャントロ星人の陰謀、アポロは月に行っていない等など……通常の人間の発想では到底行きつけない奇妙な発想と、あまりにワキの甘い妄想論理の積み重ね、そのダメさ加減をとことん楽しみましょう。

 


[日時] 2011年11月22日(火) 開場 19:00 開始 19:30
[会場] 紅鶴(べにつる)

大阪市中央区千日前2-3-9 『レジャービル味園』2F

南海なんば駅より南海通り東へ180m

駐車場有
最初の1時間:200円(AM10:00〜AM0:00)
以降30分毎:200円
※AM0:00〜AM10:00の間は1時間毎に100円となります。

[料金] 250円(アーカイブ視聴料)
[#60] 2011年10月21日(金)

山本弘のSF&トンデモNIGHT#3「復活の妖魔夜行Night」

山本弘
 星雲賞受賞作家山本弘が、その創作の源泉である、怪獣、オカルト、トンデモ本、女ターザン、ニセ科学、アニソンなど、山本ミラクルワールドからワンテーマを選んでお送りする、月一のレギュラートーク企画。
 『妖魔夜行』シリーズは、かつて1990年代にゲームデザイナー集団SNEのメンバーとして書いたシェア・ワールド(複数作家が同一世界観を共有して競作する)ノベルズとして刊行された作品で、渋谷のバー「うさぎの穴」に集う妖怪が、人の悩みによって誕生した妖怪がらみの事件を解決していく。山本の他、友野詳、高井信、水野良、柘植めぐみ、清松みゆき、下村家恵子、西奥隆起、伏見健二、北沢慶ら、多くの作家が参加し、ホラー、SF、アクション、パロディ、コメディ、人間ドラマなど多彩な世界が展開された。多くのクリエーター、作家に影響を与えたとされる作品だが、後に乙一が、代表作の一つである「GOTH リストカット事件」は妖魔夜行を目指して書いたと明かしたことでも知られる。
 2000年に一旦終了したシリーズだが、十年ぶりに山本執筆の最新作が発表される。
 今回はシリーズのもう一人のメイン作家友野詳をゲストに迎え、伝説の名シリーズ復活を祝う。

[出演] 山本弘
[司会] 井田英登

[日時] 2011年10月21日(金) 開場 19:00 開始 19:30
[会場] 紅鶴(べにつる)

大阪市中央区千日前2-3-9 『レジャービル味園』2F

南海なんば駅より南海通り東へ180m

駐車場有
最初の1時間:200円(AM10:00〜AM0:00)
以降30分毎:200円
※AM0:00〜AM10:00の間は1時間毎に100円となります。

[料金] 250円(アーカイブ視聴料)
[#49] 2011年09月19日(月)

小松左京追悼トーク「巨星、宇宙に逝く」大阪編

 7月26日、逝去されたSF界の巨人・小松左京氏を偲び、空想力と思索力の可能性を押し広げた「SFコア作家」としての小松左京を語る会を大阪でも開催したいと思います。既に、各方面で「日本沈没」や「首都消失」など現実社会とSF的想像力を融合させた“思弁的作家”としての小松左京は多く語られていると思いますが、今回は日本のSFを文学ジャンルとして大きく発展させた「SF作家」としての小松左京をど真ん中に据え、小松SFの育てられたファン同士で、その魅力を大いに語り合える場にしたいと思います。
 ファンとして出来る最高の追悼は、やはり作品の魅力を長く語り継ぐこと、作者は亡くなっても、作品を愛し続けることに尽きると思います。オールドファンはもちろん、これから小松SFを知りたいビギナーファンもご参加ください。


[出席者] 堀晃、かんべむさし、山本弘上田早夕里 他
[司会] 井田英登

[日時] 2011年09月19日(月) 開場 19:00 開始 19:30
[会場] 紅鶴(べにつる)

大阪市中央区千日前2-3-9 『レジャービル味園』2F

南海なんば駅より南海通り東へ180m

駐車場有
最初の1時間:200円(AM10:00〜AM0:00)
以降30分毎:200円
※AM0:00〜AM10:00の間は1時間毎に100円となります。

[料金] 250円(アーカイブ視聴料)
[#48] 2011年09月16日(金)

山本弘のトンデモ&SFナイトVol.2「オカルト番組の嘘を暴く」

山本弘 テレビの超能力番組・オカルト番組の中から、トリックやスタッフの捏造の証拠がはっきり写っている場面を見つけて楽しもう!

 星雲賞受賞作家山本弘が、その創作の源泉である毎回、怪獣、オカルト、トンデモ本、女ターザン、ニセ科学、アニソン、山本ミラクルワールドからワンテーマを選んでお送りする、月一のレギュラートーク企画第二弾。
 前回はSF作家として、自作「MM9」のネタバラシの怪獣トーク(秘蔵のデンマーク産“史上最低の怪獣映画”は、あの夜伝説となった。)で爆笑を誘ったが、今回は一転「オカルト系テレビショー」のインチキがバレてしまう瞬間の映像コレクションを公開。「と学会」会長としてこれまで東京、名古屋で既に過去公開済みのテッパンネタだが、実は大阪のファンには初公開。大阪向けにさらにバージョンアップした内容で、“マイク無用”でツッコミ倒す浪速の観衆との白熱の“ツッコミ合戦”、爆笑の駆け引きが楽しめそうだ。

[出席者] 山本弘
[司会] 井田英登

[日時] 2011年09月16日(金) 開場 19:00 開始 19:30
[会場] 紅鶴(べにつる)

大阪市中央区千日前2-3-9 『レジャービル味園』2F

南海なんば駅より南海通り東へ180m

駐車場有
最初の1時間:200円(AM10:00〜AM0:00)
以降30分毎:200円
※AM0:00〜AM10:00の間は1時間毎に100円となります。

[#38] 2011年08月19日(金)

山本弘(SF作家:本年度星雲賞受賞)のトンデモ&SFナイトVol.1

MM9-invasion- 「いい歳して怪獣について語ろう!――『MM9』のネタ話」

 星雲賞受賞作家・山本弘が、その創作の源泉である毎回、怪獣、オカルト、トンデモ本、女ターザン、ニセ科学、アニソン、山本ミラクルワールドからワンテーマを選んでお送りする、月一のレギュラートーク企画第一弾。
 今回は本格怪獣小説『MM9』の続編『MM9―invasion―』(東京創元社)発売を記念し、作者自ら怪獣の魅力を語り明かします。
 誰もが知っている大作から、脱力するマイナー作品まで、これまで観てきた怪獣映画の数々。世界の怪獣映画事情。怪獣はどこがかっこいいのか。そしてその趣味が『MM9』の中にどのように反映されているのか。いい歳した大人が怪獣について大マジメにトークを繰り広げます! トーク終了後は『MM9―invasion―』の販売&サイン会もあります。


[出席者] 山本弘
[司会] 井田英登

[日時] 2011年08月19日(金) 開場 19:00 開始 19:30
[会場] 紅鶴(べにつる)

大阪市中央区千日前2-3-9 『レジャービル味園』2F

南海なんば駅より南海通り東へ180m

駐車場有
最初の1時間:200円(AM10:00〜AM0:00)
以降30分毎:200円
※AM0:00〜AM10:00の間は1時間毎に100円となります。