Live Wire OnLine SHOP
Live Wire #126
2012年10月4日(木)
Live Wire「ビリビリ酒場」新宿大森望のSF招待席#3
“日本SFの夏”が来た!〜『屍者の帝国』&新ハヤカワSFコンテストができるまで
大森望
Ustream PPV にて公開中
投げ銭 受付中
販売価格
   100円(内税)
   500円(内税)
 1,000円(内税)
10,000円(内税)
購入数
8E808ED282CC92E98D91
【出演】大森望(翻訳家)塩澤快浩(早川書房編集部・SFコンテスト選考委員)伊藤靖(河出書房新社編集部・『屍者の帝国』編集担当)


「日本SFは2000年を境に“冬の時代”の長いトンネルを抜け、いまやうららかな春を(もしくは、さわやかな初夏を)迎えている。(大森望『ぼくの、マシン ゼロ年代日本SFベスト集成[S]』序文より 2010・10)」


 

 1990年代後半の「日本SF冬の時代」論争から十余年。地道な復活の道のりを重ね、冲方丁・伊藤計劃らが読書界全体へ大ブレイク。そして今年は円城塔の芥川賞受賞、宮内悠介の直木賞候補と慶事も相次ぎ、ジャンル全体が豊穣なエネルギーに満たされてきた実感がある。いよいよ「SF夏の時代」が現実となりつつあるのだ。

 梅雨明け宣言にあたるのは、新・ハヤカワSFコンテストの開始と、そしてこの夏最大の話題作・伊藤計劃×円城塔『屍者の帝国』の刊行といっていいだろう。

 今回の「SF招待席」は、この象徴的な2つの“事件”を支えた、日本SF復活のキーマンである二人の編集者、早川書房編集部・塩澤快浩氏と、河出書房新社・伊藤靖氏の2人をゲストに迎え、新SFコンテストの舞台裏と 『屍者の帝国』が出来るまでを赤裸々に語っていただこうと思う。

 ――塩澤氏はハヤカワSFシリーズJコレクション、ハヤカワ文庫JA「リアル・フィクション」 を企画、伊藤氏も河出文庫《20世紀SF》や《NOVA》シリーズ担当と、「SFの春」を呼びよせる上で大きな役割を果たした叢書の編集者でもある。彼らがなぜ冬の時代に屈することなく、“夏への扉”の存在を信じ続けることができたのかを、是非聞いてみたい。


 河出書房新社『屍者の帝国』特設ページ

 ハヤカワ・オンライン第一回ハヤカワSFコンテスト募集のお知らせ
SF83R839383e83X83g


【日時】 2012年10月4日(木) 開場 19:00 開始 19:30
【会場】 Live Wire「ビリビリ酒場」新宿
〒160-0022
東京都新宿区新宿5丁目11-23 八千代ビル2F (「地鶏ちゃんこ料理・悠」の右、階段を上がる)
■都営新宿線 新宿三丁目駅C6~8出口から徒歩5分
■東京メトロ丸ノ内線&副都心線 新宿三丁目駅B2出口から徒歩6分
【料金】 800円(アーカイブ視聴料)

トークイベント「Live Wire」はイベント終了後も、ネットからのTipping(投げ銭)ができます。
会場に来ることができなかったあなたも、面白いと感じた出演者には、どんどん応援のTippingをお願いいたします。
100円・500円・1000円・1万円の単位で、何口でもTipping可能です!
出演者への激励メッセージや感想もお待ちしています。注文フォームの「ご意見・ご要望」欄にご記入ください。