Live Wire OnLine SHOP
Live Wire #134
2012年11月6日(火)
Live Wire「ビリビリ酒場」新宿ミステリ酒場:非英語圏ミステリ世界一周#2
「翻訳家・柳沢由実子さんに北欧ミステリーの楽しみ方を教えてもらおう!」
ヘニング・マンケル
アーカイブ 公開 準備中
投げ銭 受付中
販売価格
   100円(内税)
   500円(内税)
 1,000円(内税)
10,000円(内税)
購入数
【出演】柳沢由実子(翻訳家)杉江松恋(書評家・ライター)
 最近は「ミステリマガジン」のような専門誌だけではなく「ダ・ヴィンチ」のような一般誌でも特集を組まれる機会が増え、ますます注目度が上がってきてい る北欧ミステリー。人口わずか32万という小国ながら知られざるミステリー大国であるアイスランドからはアーナルデュル・インドリダソン『湿地』(東京創 元社)という本年ベストテン級の傑作が紹介され、デンマークの作家ユッシ・エーズラ・オールスンの警察小説〈特捜部Q〉が文庫化され、来年にはフィンラン ド・ミステリーの翻訳も予定されているといった具合に、作品紹介も非常に活発に行われています。

 その中でもやはり中心になっているのはスウェーデン。マイ・シューヴァルー&ペール・ヴァールーの〈マルティン・ベック〉シリーズは北欧ミステリーの1 つの祖形になりました。その衣鉢を継ぐのがヘニング・マンケルの〈クルト・ヴァランダー〉シリーズで、今年も話題作『ファイアーウォール』(創元推理文 庫)が刊行されました。現在の世界で警察小説作家十傑を選ぶとしたら、ヘニング・マンケルは間違いなく上位に入る作家でしょう。

 北欧、特にスウェーデンはいったい今、何が起きているのか。世界中のファンが注目する国のミステリー事情を柳沢由実子さんにお話いただきます。柳沢さん はヘニング・マンケルの自宅も訪問し、その素顔もよく知る翻訳者です。きっと、知られざるヘニング・マンケル像についてもお話いただけることでしょう。ど うぞお楽しみに。

 なお、11月13日(火)には『靄の旋律』(集英社文庫)でデビューを飾った俊英アルネ・ダールが来日し、スウェーデン大使館で記念講演を行う予定です。そちらも併せてご参加ください。詳細はスウェーデン大使館公式ホームページで告知される予定です。(杉江松恋)


[出演者紹介] 
柳沢由実子 上智大学文学部英文学科卒。ストックホルム大学スウェーデン語科卒。ヘニング・マンケル、カーリン・アルヴテーゲン、アーナルデュル・インドリダソンなどの翻訳で知られる。
アーカイブ公開準備中

【日時】 2012年11月6日(火) 開場 19:00 開始 19:30
【会場】 Live Wire「ビリビリ酒場」新宿
〒160-0022
東京都新宿区新宿5丁目11-23 八千代ビル2F (「地鶏ちゃんこ料理・悠」の右、階段を上がる)
■都営新宿線 新宿三丁目駅C6~8出口から徒歩5分
■東京メトロ丸ノ内線&副都心線 新宿三丁目駅B2出口から徒歩6分
【料金】 250円(アーカイブ視聴料)

トークイベント「Live Wire」はイベント終了後も、ネットからのTipping(投げ銭)ができます。
会場に来ることができなかったあなたも、面白いと感じた出演者には、どんどん応援のTippingをお願いいたします。
100円・500円・1000円・1万円の単位で、何口でもTipping可能です!
出演者への激励メッセージや感想もお待ちしています。注文フォームの「ご意見・ご要望」欄にご記入ください。