Live Wire OnLine SHOP
Live Wire #64
2011年10月30日(日)
大久保 / One Beat鬱病列島ニッポン#1  序章:精神科薬物という名の宗教
この番組アーカイブは非公開です
投げ銭 受付中
販売価格
   100円(内税)
   500円(内税)
 1,000円(内税)
10,000円(内税)
購入数

鬱病列島ニッポン#1  序章:精神科薬物という名の宗教
Live Wireメンタルへルス研究プロジェクト(巨椋修、他)
【ゲスト】はらけいこ(精神科薬物療法認定薬剤師))・
 
 2008年の厚生労働省の調査によると日本の鬱病患者数はついに10万人を突破。世界トップテンに入る数値に達したと言われる。ストレス社会の象徴でもあるこの病が、確実に日本の社会に蔓延しつつある。欝を原因とする自殺者も年々増加しており、個人だけでなく、社会全体に及ぼす影響も小さくない。精神医学者の中には、「一億総鬱の時代」を言う人も居るほどに、日本社会における鬱病傾向は看過できないものになりつつある。
 
 Live Wireでは、今回この“見えない流行病”の現状をきちんと把握し、罹患者だけの他人事ではなく、社会全体を覆う大きな災厄としての「欝社会」を考えるプロジェクトを発足。一回のイベントの話題で終わらせるだけではなく、連続的に、そして複数の視点から見たこの病の現状と対策を考えていこうと考えています。今回ナビゲーターを務めてくれるのは、ネットラジオ「オール・ニート・ニッポン」のパーソナリティを努め、不登校やニート等の問題を通して、その大きいな原因の一つである精神疾患の問題を研究してきた作家・巨椋修。
 
 初回にあたる今回は、「停滞の病」である鬱病と切っても切れない関係にある精神科薬物の関係を、治療の現場で見つめる精神科薬物療法認定薬剤師のはらけいこさんをゲストに、宗教的としかいいようのないそれ自体が病的な薬物依存の実態や、年々増加するばかりの自殺との相関関係など、生々しい現状を報告していただく。
 
 鬱病とは何かを知りたいビギナーから、実際にこの病を経験した方、あるいはその周辺で共に苦しむ家族友人までーー「社会の病」となりつつあるこの病気に向き合い、その実態をあぶり出すイベントにしていきたいと考えています。
 
自殺者の8~9割はうつ病
気軽に病院に行って薬物依存に
精神病薬のために、逆に自殺率が増える?
精神病薬が暴力の引き金に
なぜ精神科では精神病薬を大量処方する医者が絶えないのか?
精神病薬との正しい付き合い方は?
 

【日時】 2011年10月30日(日) 開場 19:00 開始 19:30
【会場】 大久保 / One Beat

東京都新宿区百人町1-19-2 ユニオンビル1F
Tel 03-6908-7495

総武線「大久保駅」〜 北口を左、北新宿一丁目交差点を左折。2つ目の路地を左折して左側
山手線「新大久保駅」〜 改札を左側へ出て直進、北新宿一丁目交差点を左折。2つ目の路地を左折して左側
大江戸線「新宿西口駅」〜 D5出口を出て北へ直進、北新宿百人町交差点より約300m進んで右折して左側


トークイベント「Live Wire」はイベント終了後も、ネットからのTipping(投げ銭)ができます。
会場に来ることができなかったあなたも、面白いと感じた出演者には、どんどん応援のTippingをお願いいたします。
100円・500円・1000円・1万円の単位で、何口でもTipping可能です!
出演者への激励メッセージや感想もお待ちしています。注文フォームの「ご意見・ご要望」欄にご記入ください。