Live Wire OnLine SHOP
Live Wire #69
2011年11月28日(月)
紅鶴(べにつる)花房観音のエロティシズム浪速女列伝:花祀りの女たち #1桜一菜
アーカイブ 無料 公開中
投げ銭 受付中
販売価格
   100円(内税)
   500円(内税)
 1,000円(内税)
10,000円(内税)
購入数
8DF788EA8DD8  shaburiba 一回団鬼六小説賞受賞作家の官能作家・花房観音が、関西在住のエロ業界の女たちを招き、性に賭けたエロスと人生の表裏を、笑いとNGナシの赤裸々ツッコミで聞く、関西ならではのギリギリトークシリーズが開幕! 
 現在花房さんはネットマガジンMen's Nowで関西のエロ業界人たちの連続インタビュー「関西エロ名鑑」を連載中。Live Wireではさらに、対象をエロ業界もしくは水商売周辺の女性に絞って、同性だから聞ける性の深みや女の生き様が滲むようなシリーズができないかとリクエストしてみたのがこの企画だ。

 さて第一弾の今回は、かつてNHK教育「青春十代しゃべり場」の第11期レギュラーとして活躍、その後180度方向転換、AV女優の道へ転身して、“良心的な”視聴者を仰天させた桜一菜が登場。 

 現実感のない日常のなかで、売春や風俗店勤務、リストカット、そしてAV出演と、自らの居場所を探して放浪してきた十代〜二十代の日々ーーその生き辛さを赤裸々な言葉で語り、中村淳彦のノンフィクション「名前のない女たち最終章 」(2009年4月宝島社)にも登場した(その後文庫化された同作品の解説を執筆)。引退後、大阪へ戻ってからもAV女優であった過去を隠すことなく、一般人として暮らしている。十代で居場所を見失った彼女が、AV女優を経て、自分なりの居場所を見つけるまでを語る「しゃべり場」以来の本音100%なストレートトーク。道は違っても、同じ“生きづらさ”を感じている女性たちにこそ、来場して、直接対話してみて欲しい企画かもしれない。

【花房観音】兵庫県出身。京都在住の官能作家。京都女子大文学部教育学科中退。在学中にアルバイトでバスガイドを始め、映画会社、旅行会社勤務などを経て作家に。 2010年、第一回団鬼六賞大賞を「花祀り」(無双舎)にて受賞。京都の和菓子店を舞台に、権力者に弄ばれる女性の官能を重厚に描いて、団鬼六最後の弟子と呼ばれる存在に。私生活では今年4月、放送作家吉村智樹氏と結婚。京都観光文化検定2級を所持する現役バスガイドでもある。

その壮絶なまでのセックスに対するコンプレックスと思い入れに関してはこのインタビューを参照のこと。

【日時】 2011年11月28日(月) 開場 19:00 開始 19:30
【会場】 紅鶴(べにつる)

大阪市中央区千日前2-3-9 『レジャービル味園』2F

南海なんば駅より南海通り東へ180m

駐車場有
最初の1時間:200円(AM10:00〜AM0:00)
以降30分毎:200円
※AM0:00〜AM10:00の間は1時間毎に100円となります。


トークイベント「Live Wire」はイベント終了後も、ネットからのTipping(投げ銭)ができます。
会場に来ることができなかったあなたも、面白いと感じた出演者には、どんどん応援のTippingをお願いいたします。
100円・500円・1000円・1万円の単位で、何口でもTipping可能です!
出演者への激励メッセージや感想もお待ちしています。注文フォームの「ご意見・ご要望」欄にご記入ください。