Live Wire OnLine SHOP
Live Wire #94
2012年4月26日(木)
新宿2丁目 / Ryu's Bar 道楽亭大森望のSF招待席#1
山田正紀 x 宮内悠介「盤上のオペラ」
山田正紀 x 宮内悠介 x 大森望
Ustream PPV にて公開中
投げ銭 受付中
販売価格
   100円(内税)
   500円(内税)
 1,000円(内税)
10,000円(内税)
購入数
83t834083C83i838B83I83y8389Nova78CB490F82CC91z919C97CD294D58FE382CC96E9

 今やSF復活のリードオフマンとして八面六臂の活躍を見せる大森望をホストに、作家・翻訳家・編集者が集いSF最前線の話題をお届けしていくシリーズが開幕。

 第一回は、今春《オペラ》三部作完結編『ファイナル・オペラ』を刊行した山田正紀と、第一短篇集『盤上の夜』が話題の宮内悠介の師弟(?)コンビがゲスト。
 日本推理作家協会賞、本格ミステリ大賞受賞の『ミステリ・オペラ』、『マヂック・オペラ』に続く六年半ぶりの第三部『ファイナル・オペラ』はSF的奇想と本格ミステリを融合させた畢生の大作。シリーズ完結に込めた思いや創作の裏
話をたっぷり伺う予定。

 対する宮内悠介は、SF界期待の新人No.1の呼び声も高い注目株。一昨年の「第一回創元短編賞」で、選考委員特別賞にあたる「山田正紀賞」を受賞し、デビューを飾った。初単行本となる『盤上の夜』は囲碁、チェッカー、麻雀などを絡めたゲーム・テーマの連作集。書き下ろしの将棋SF「千年の虚空」では、まさに“山田チルドレン”ともいうべきハッタリが炸裂する。

 また、3月に出たばかりの『NOVA7』では、目玉作品となるはずだった山田正紀の中編「雲のなかの悪魔」が締切に間に合わず、それにかわって、宮内が急遽書き下ろした《スペース金融道》シリーズの新作「スペース地獄篇」が巻頭を飾るなど、因縁浅からぬお二人。折りしも第二回創元SF短編賞候補作を中心に編まれた『原色の想像力2』が刊行され、第三回同賞受賞作も4月14日に決定。宮内に続く新たな才能も次々に世に出ようとしている今、ベテランと新人による SFトークをお楽しみいただきたい。

【日時】 2012年04月26日(木) 開場 18:30 開始 19:30
【会場】 新宿2丁目 / Ryu's Bar 道楽亭

東京都新宿区新宿2丁目-14-5 坂上ビル1F
都営新宿線「新宿三丁目駅」徒歩1分 / 東京メトロ丸ノ内線 「新宿御苑駅」徒歩3分

【料金】 800円(アーカイブ視聴料)

トークイベント「Live Wire」はイベント終了後も、ネットからのTipping(投げ銭)ができます。
会場に来ることができなかったあなたも、面白いと感じた出演者には、どんどん応援のTippingをお願いいたします。
100円・500円・1000円・1万円の単位で、何口でもTipping可能です!
出演者への激励メッセージや感想もお待ちしています。注文フォームの「ご意見・ご要望」欄にご記入ください。