Live Wire OnLine SHOP
Live Wire #1
2011年4月14日(木)
新宿2丁目 / Club Geisha候補たちと考える都知事選“後の祭り”「ホントにこの選択で良かったのTOKYO?」
畠山理仁(はたけやまみちよし) 氏
Ustream PPV にて公開中
投げ銭 受付中
販売価格
   100円(内税)
   500円(内税)
 1,000円(内税)
10,000円(内税)
購入数
【出演】畠山理仁
畠山理仁(フリーランスライター)
1973年愛知県生まれ。早稲田大学在学中の1993年より週刊誌記者として取材活動開始。1998年、フリーランスライターとして独立。テーマは政治家と選挙。米国大統領選、ロシア大統領選、台湾総統選など世界の選挙を精力的に取材。大手メディアが取り上げない独立系候補の活動を紹介した『日本インディーズ候補列伝』(大川豊著・扶桑社刊)では取材・構成を担当した。昨年9月18日、記者クラブ加盟社以外にも開放された外務大臣記者会見で、フリーの記者として日本で初めて質問。今年1月22日には、東京地検からの事情聴取直後に開かれた小沢一郎・民主党幹事長の記者会見を、i-phoneを使ってゲリラ的にインターネットで生中継し注目される。twitterでは@hatakezo で日々発信中。現在、自由記者報道クラブの広報担当も務める。最新著作は『記者会見ゲリラ戦記』(扶桑社新書)。
 
Guest : 平成23年度 都知事選立候補者 小池晃(革新都政をつくる会)、古川圭吾(無所属)、ドクター中松(無所属)、杉田健(新しい日本)、雄上統(東京維新の会)
小川裕夫(Writerrism) / 都知事選観察団
 
大手メディアの記者クラブによる一方的なフリー記者締め出しと戦い、i-phoneを使ったゲリラ的会見中継を展開。最近、著書『記者会見ゲリラ戦記』を上梓したジャーナリスト畠山理仁。しかし、その大好物は実は「選挙」。大手メディアが取り上げない独立系候補の活動を追い、奇妙な生態を紹介する“もうひとつのゲリラ戦”だ。震災の影響もあって、感心が低いまま進行している今回の都知事選。通常の選挙と異なり、選挙カーによる夜の街宣も、マイクを使っての街頭演説もままならない選挙戦を戦った各候補にオファー。あえて「敗軍の将」たちに、「勝者」が築く東京の行方の是非を聞いてみよう。また、毎回注目を浴びるオモシロ候補の政見放送や、各候補の奮戦ぶりを観察した、畠山氏お得意の選挙戦レポートと「ぜひ映画にしたい。絶対面白い自信がある」と語る候補者取材の映像もたっぷり。

【日時】 2011年04月14日(木) 開場 19:00 開始 19:30
【会場】 新宿2丁目 / Club Geisha

元Club EXIT(非常口)※2011年8月改名してリニューアルOPEN
http://www.hijouguchi.com
東京都新宿区新宿2丁目-12-16 セントフォービル1F
Tel 03-3441-5445
都営新宿線「新宿三丁目駅」徒歩1分 / 東京メトロ丸ノ内線 「新宿御苑駅」徒歩3分

【料金】 250円(アーカイブ視聴料)

トークイベント「Live Wire」はイベント終了後も、ネットからのTipping(投げ銭)ができます。
会場に来ることができなかったあなたも、面白いと感じた出演者には、どんどん応援のTippingをお願いいたします。
100円・500円・1000円・1万円の単位で、何口でもTipping可能です!
出演者への激励メッセージや感想もお待ちしています。注文フォームの「備考」欄にご記入ください。